レディ

税金対策と質の高い不動産を購入をするなら専門家に相談してみよう

競売になる前に

住宅模型

競売件数の増加

不況が長引いていることから、福岡では住宅ローンの返済に困り、債権者による競売で住宅を失う人が増えています。具体的には、福岡だけで1ヶ月に100件以上もの住宅が、競売にかけられているのです。そして競売の場合、落札価格によっては住宅の売値は非常に安くなります。現に福岡で競売にかけられた住宅の多くが、1000万円以下という価格で落札されているのです。そのことから昨今では、競売になる前に任意売却をするという債務者が増加しています。任意売却なら、自身の納得のできる価格で住宅を売却することが可能だからです。たとえ債権者から競売の通知書が届いたとしても、すぐに任意売却を開始して住宅ローン返済の目処をつければ、競売は取りやめとなるのです。

短期間で進めることが可能

現在の福岡では、新築の戸建て住宅やマンションの販売数が減ってきています。そのため福岡で暮らすことを希望する多くの人が、中古の戸建て住宅やマンションを購入しています。つまり福岡では、中古住宅の売れ行きが良いということです。その分、任意売却を比較的短期間で進めることができるので、そのことからも福岡では任意売却の需要が高まっているのです。しかも昨今では任意売却をサポートする専門業者が増えてきていることから、任意売却の効率が大幅にアップしています。個人で進める場合は、半年ほどかかることが多いのですが、専門業者の力を借りれば、3ヶ月以内に終わらせることも可能となります。債務という重荷から早く解放されることになるため、多くの人が専門業者を頼りにしています。